東海大望洋高など試合禁止 学生野球審査室会議

[ 2012年4月12日 17:08 ]

 日本学生野球協会は12日、審査室会議で高校12件の処分を決め、部員の部内暴力などがあったうち東海大望洋(千葉)を3月13日から6月12日まで、海洋(茨城)を3月2日から6月1日まで3カ月の対外試合禁止処分とした。松浦(長崎)は2カ月、沼津工、金谷(ともに静岡)南部(和歌山)は1カ月の禁止処分を受けた。

 暴力を働いたとして指導者が1~3カ月の謹慎処分を受けたのは一関学院(岩手)秋田北鷹、遠江総合(静岡)精華(大阪)呉港(広島)東海大五(福岡)だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース