内海“エース対決”に勝った!原監督「大きな1勝」

[ 2012年4月12日 21:07 ]

8回に通算1000奪三振を達成し、花束を手にする巨人・内海

セ・リーグ 巨人3―2中日

(4月12日 東京D)
 意地と意地がぶつかり合うエース同士の投げ合い。昨季の最多勝腕対決は、巨人・内海に軍配が上がった。

 中日・吉見との投げ合いを制して今季初白星。お立ち台に上った内海の声が弾む。めちゃくちゃうれしいです。(開幕から初勝利まで)すごく長く感じました」。

 序盤からピンチの連続だった。実に8回中5回も先頭打者に安打を許したが、走者を背負ってからが内海の真骨頂。3回には自らのヒットを足掛かりに3点を先制すると、4回に失策が絡んで1点を献上したが、最後まで主導権は渡さなかった。

 8回に1点差とされ、さらに1死二塁のピンチだったが、ブランコを空振り三振に仕留め、通算1000奪三振も達成。節目の記録を今季初勝利で飾ったが、内海の視線はずっと先にある。「まだまだ始まったばかり。1勝できたので次も勝って連勝したい」とキッパリ。

 原監督は「チームとしても内海個人としても大きな勝利」と振り返る。開幕ダッシュには失敗したが、V奪回へ、この1勝が第1歩となる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース