平田2度の満塁で凡退…中日、好機生かせず2位転落

[ 2012年4月12日 06:00 ]

セ・リーグ 中日1-5巨人

(4月11日 東京D)
 中日は開幕5連勝の勢いも消え、1分けを挟んで3連敗。2位に転落した。

 「ベンチで“ヒットはいらんから点を取れ”といったんやけど。5連勝の時は6、7番で点を取れていた」と高木監督。初回に1点を先制し、なお1死満塁で6番・井端、7番・平田が凡退。平田は3回1死満塁でも遊ゴロ併殺打に倒れた。4回までに7安打、3四球ながら1得点。指揮官は「決して流れが来ていないわけじゃないけど、止めてしまっている」と振り返った。

 ▼中日・中田賢(7回7安打3失点で今季初黒星)粘らないといけないところで投げミスをしてしまった。悔しいです。

 ▼中日・平田(2度の満塁機でいずれも凡退)技術不足です。この経験を次に生かしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース