「プロ以上との言葉を使いたい」」原監督絶賛 長野“レーザービーム”

[ 2012年4月12日 22:41 ]

6回中日1死三塁、和田の中飛を本塁へ好返球する巨人・長野

セ・リーグ 巨人3―2中日

(4月12日 東京D)
 巨人の長野が守備で内海を助けた。六回1死三塁で左中間寄りの飛球を捕り、素早くワンバウンドの返球でタッチアップを狙った三塁走者を刺した。長野は「(三塁走者以外に)走者がいなかったので、思い切って投げた」と笑顔だった。

 無駄のないプレーに、原監督も「野球人として、なかなかお目にかかれない。プロ以上との言葉を使いたい」と大絶賛。内海も「1点を覚悟した。“レーザービーム”で抑えてくれて、びっくりした」と感謝していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース