長野同点 阿部V打!原監督「クリーンアップが打つと…」

[ 2012年4月12日 06:00 ]

セ・リーグ 巨人5-1中日

(4月11日 東京D)
 初アーチは5番に譲ったが、巨人の逆転劇は3、4番が演出した。1点を追う3回2死一、二塁で、長野が同点の中前打。「結果を恐れず初球から思い切って振っていった」。

 さらに2死一、三塁から阿部が右前にしぶとく落として勝ち越しに成功。「ちょっと詰まったけど振り抜いた分、いいところに飛んでくれた」と4番の仕事を果たしホッとした表情だ。原監督も「クリーンアップが打つと、こういう状況になる。(坂本、村田を合わせ打点を挙げた4人は)うちの枢軸ですから」と明るい口調だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース