マーリンズ ギーエン監督「人生最大の失敗」 問題発言で5試合出場停止

[ 2012年4月12日 07:51 ]

 マーリンズのオジー・ギーエン監督が、キューバのカストロ前国家評議会議長についての発言で、球団から5試合の出場停止処分を受けた。

 問題となった発言は「フィデル・カストロが好き。尊敬している。(理由は)多くの人が60年間もカストロを殺そうとしているのに、あいつはまだ生きているから」というもので、タイム誌(電子版)に掲載された。

 本拠地のマイアミは反カストロのキューバ系市民が多いことで知られ、各団体が反発。地域密着を掲げる球団は、即座に処分を決めた。ギーエン監督は、会見で何度も謝罪した上で「人生最大の失敗」と深く反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース