緊張しやすい体質?新人の森内 堂々の好投

[ 2012年2月23日 19:37 ]

 日本ハム新人の森内(JR東日本東北)がヤクルトとの練習試合で1回無失点と好投した。特に内角を突く、伸びのある直球を軸にアウト全てを飛球に仕留めた。「コーナーに投げれば打ち取れるというのは感じた」と対外試合の初登板で収穫を得た。

 21日から1軍に合流した右腕は緊張しやすい体質という。ただ、この日は「緊張感たっぷりだったけど、マウンドに立ったら意外といつも通りだった」と話し、自分の力を出し切れた様子だった。24日は練習休み。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月23日のニュース