足で魅せた!?ハム大嶋が“プロ初盗塁”

[ 2012年2月23日 19:35 ]

ヤクルトとの練習試合の7回、二盗を決める日本ハム・大嶋

 180センチ、95キロの巨体が“プロ初盗塁”を決めた。ヤクルトとの練習試合の7回無死で、一塁走者は四球で出塁した日本ハム・大嶋(早大)。ヒットエンドランのサインだったが、外角に外れたため打者の飯山が見送った。捕手からの送球がそれたこともあり、猛然と滑り込んだ大嶋に塁審は両手を広げた。

 だが、その後の1死一、二塁で中島の二直に飛び出してしまい、アウトに。三塁ベース手前で天を仰いだ大嶋は「ちゃんと気を付ければ、走塁はできる」と反省しながら気持ちを切り替えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月23日のニュース