ホールトン 実力通り3回無失点「四球を出すより打たれた方が納得」

[ 2012年2月23日 14:18 ]

練習試合 巨人―ハンファ

(2月23日 那覇)
 ソフトバンクから移籍した巨人のホールトンが23日、韓国・ハンファとの練習試合に先発した。

 3回42球を投げ、3安打無失点だった。2回に連打を浴び、犠打で1死二、三塁のピンチを迎えたが、内野ゴロ2本に仕留め、得点を許さなかった。落ち着いたマウンドさばきに原監督も納得の表情。昨季のパ・リーグ最多勝投手として、移籍後最初の対外試合登板は実力通りの結果となった。

 「四球を出すより、(ヒットを)打たれた方が納得する」とホールトン。課題としては「追い込んでからのチェンジアップのコントロール」を挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月23日のニュース