上園 古巣斬ってローテ入り“グイッ”

[ 2012年2月23日 06:00 ]

<神・楽>古巣の阪神相手に3回を投げ3安打無失点の上園

練習試合 楽天2-1阪神

(2月22日 宜野座)
 古巣との一戦で開幕ローテーション入りに大きく前進した。新加入した楽天の上園が対外試合で初先発。昨季まで着ていた縦じまのユニホームを相手に3回を3安打無失点に抑え込み「みんな知っている顔でしたが、マウンドに行ったら絶対抑えようと。力みましたが、ゼロに抑えられて良かった」と振り返った。

 直球主体で攻めた初回、2回ともにボール球が先行したが、修正は早かった。佐藤投手コーチから「体の開きが早い。上体が突っ込んでいる」と指摘され、3回は大和に中前打を浴びた以外はストライク先行で3人を遊ゴロに打ち取った。

 上園と同じく古巣と対戦した星野監督は「ちょっと(相手を)意識してたんじゃないか。ボチボチやな」と苦笑いを浮かべた。先発陣は田中、塩見、ヒメネス以外は確定していない。佐藤コーチは最速141キロをマークした移籍右腕に「次はもっと長いイニングを投げさせたい」と先発入りに期待。上園は「投げさせてもらうことに感謝して、ここで何とかチームの力になりたい」と開幕ローテーション入りをあらためて誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月23日のニュース