摂津、帆足が初の紅白戦登板…ともに2回2失点

[ 2012年2月23日 18:26 ]

 ソフトバンクの開幕投手候補の摂津と帆足が、紅白戦でともに初登板。2回を2安打2失点の摂津は、直球に力があったが、甘い球を狙われた。制球力を身上とする右腕は「いい球と悪い球がはっきりしていた。精度を上げていきたい」と課題を挙げた。

 帆足は2回3安打で2失点。変化球の制球に苦しみ、4四死球と球がばらついた。「もう少し真っすぐが走れば、変化球でも腕が振れてくると思う。開幕にはしっかり合わせていきたい」と冷静に話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月23日のニュース