大島 亡き中日OBの恩師に手向けの3安打「変なプレーできない」

[ 2012年2月23日 07:27 ]

起亜との練習試合で、3安打を放った中日・大島

練習試合 中日3-2KIA

(2月22日 北谷)
 中日の大島が「1番・中堅」で先発出場し、天国の恩師に手向けの3安打を放った。

 少年野球時代の恩師で中日OBの河村保彦氏が21日に亡くなった。小学4年生の時に故人が運営していた「名古屋平針HBC少年野球クラブ」で野球を始めた大島。キャンプイン直前にお見舞いに行った際には「今年こそしっかりレギュラーを獲れ」と励まされたという。

 訃報にショックを隠せずに臨んだ一戦だったが、「変なプレーはできないなと思っていた。疲れているころに結果が出せて良かった。河村さんが打たせてくれたのかもしれない」と話した。「念ずれば花開く」。河村氏から授けられた教えを胸に、26歳の左打者は精進を続ける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年2月23日のニュース