7000万円減の多村 福岡転居で家族と巻き返す

[ 2012年1月31日 06:00 ]

7000万円ダウンでサインしたソフトバンク・多村(左は代理人の山本弁護士)

 ソフトバンクの多村がヤフードーム内で代理人同席の契約更改交渉に臨み、7000万円減の年俸1億1000万円プラス出来高払いでサインした。

 一昨年のチーム3冠王も昨年は左手小指の裂傷などケガに泣き、100試合出場で打率・241、4本塁打、36打点と不本意な成績。野球協約が定める減額制限40%に迫る大幅ダウンに「やらなかったら落ちるのが、この世界だから」と話した。移籍6年目の今季は横浜から福岡へ転居を決意し、家族と一緒に巻き返しのシーズンに臨む。ソフトバンクはこれで全選手が契約更改を終えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース