鷹のジャイアン白根 右肘手術へ「早く治したい」

[ 2012年1月31日 06:00 ]

 ソフトバンクは30日、ドラフト4位・白根尚貴投手(18=開星)が、2月2日に群馬県内の病院で内側側副じん帯再建術および肘頭骨棘(こっきょく)切除術を行うと発表した。

 2週間の入院後、宮崎キャンプに合流し、リハビリを開始する。白根は「早く治して、プロの体をつくっていくため頑張りたい」とコメント。昨年12月に行ったメディカルチェック後の精密検査で右肘関節の内側側副じん帯損傷、肘頭骨、尺骨神経障害と診断され、経過観察したものの、手術が必要と判断された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース