期待度はペレ&ベッカム級!米ヤフーがダルを特集

[ 2012年1月31日 06:00 ]

 レンジャーズ・ダルビッシュが、その注目度でサッカーの王様・ペレや、元イングランド代表・ベッカムと肩を並べた。

 米ヤフースポーツは29日付電子版で「北米スポーツ界に鳴り物入りで飛び込んだ海外出身選手トップ10人」を特集。ダルビッシュを「落札金を含めれば、レンジャーズは総額で1億1630万ドル(約89億5510万円)を費やした。最も期待されている選手」と報じた。

 大リーグでまだ1球も投げていない右腕が比較されたのは、各国のスター選手ばかり。75年に北米リーグ・NYコスモスに移籍した元ブラジル代表のペレ、米MLS(メジャーリーグサッカー)のギャラクシーに所属しているベッカム、NBAロケッツで活躍した姚明(ヤオ・ミン)らそうそうたる顔ぶれだ。日本人では他に野茂、イチロー、松井、松坂の4人が選ばれている。

 一方で地元ダラス・モーニングニューズ紙は29日付で「環境変化への適応が課題」と報道。酷暑や登板間隔などへの対応が大切とし、マイク・マダックス投手コーチは「(元広島の)ルイスと同じように休ませ方を見つけたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース