杉内 「俊兄」と呼んで!チームメートに異例のお願い

[ 2012年1月31日 06:00 ]

ショートバウンド捕球のノックを受ける巨人・杉内(左は高木、右は内海)

 同じく巨人・新加入の杉内は3日連続のブルペン入りで打ち上げた。

 初めて捕手を座らせ28球。直球とスライダーを投げ分け「キャッチボールの感触がいいので体に染み込ませたかった」と充実感を漂わせた。チーム合流から5日がたち「みんなを下の名前で呼べるようにしたい」と距離を縮めることにも力を注ぐ。杉内自身は26日の投手会で内海から「俊兄(としにい)でいいですか?」と言われ快諾。若手は「杉内さん」とまだ気を使うが「俊兄でいい」と異例のお願いも出した。また村田も「修と呼んでもらった方がいい。横浜でもそうだった」とこちらも希望していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース