渡辺監督「ブルペンにいる方が楽しい」期待は大石、菊池

[ 2012年1月31日 17:42 ]

 西武は昨季、2桁勝利を挙げた投手はベテランの西口だけだった。渡辺監督は「投手は横一線。若い投手が出てこないと」と奮起を促した。

 投手出身だけに「打撃ケージの後ろよりもブルペンにいる方が楽しい」と正直に明かす。楽しみな選手には2年目となる大石の名を挙げた。肩の故障もあって昨季は2軍暮らしだった右腕を「見る機会がなかった。しっかり見たい」。20歳の左腕、菊池にも触れ「高卒3年目というのは大事なシーズンになる」と成長を期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース