ソフトB 宮崎市で歓迎パレード!秋山監督「高い目標で」

[ 2012年1月31日 19:23 ]

パレードで、沿道のファンの声援に応えるソフトバンクの(左から)小久保、摂津、内川の各選手

 2年連続日本一を目指すソフトバンクは、宮崎市での歓迎パレードに主力中心のA組の選手らが参加。宮崎市観光協会によると、沿道には4万2千人のファンが集まった。昨季首位打者の内川は「きょうで昨年の日本一は終わりにして、キャンプに臨みたい」と新たなシーズンへ向け、誓いを立てた。

 和田、川崎らの流出で厳しい戦いも予想されるが、その分選手たちにとっては楽しみもあるようだ。内川は「若手が頑張ると思う。それを助けられるように昨年以上の成績を残したい」。新選手会長の本多は「先頭に立ってやっていきたい」と自覚十分の様子だった。

 沿道のファンに笑顔を見せた秋山監督も「高い目標でやっていきたい」と、これまで同様に強い気持ちを示した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース