栗原 大砲候補の堂林を熱血指導 左肩の開きを修正

[ 2012年1月31日 06:00 ]

 広島の栗原が沖縄合同自主トレ最終日に若き大砲候補の堂林を熱血指導した。

 「きょうは早く宿舎に帰りたかったけど、堂林がひどい打撃をしていたので。悪いままキャンプインさせるわけにいかないと思って…」と、室内練習場で約30分間、左肩の開きなど修正点をアドバイスした。26日から始まった愛弟子へのマンツーマン指導だが「教えることで、気付くこともある」と自分の打撃も再確認。後輩を育て、自身も万全の状態でキャンプに臨む。 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース