292本塁打外野手 現役引退へ

[ 2012年1月31日 11:26 ]

 ジャイアンツからフリーエージェント(FA)になった通算292本塁打の外野手バレルが引退する意向だと、複数の米メディアが30日に報じた。

 35歳のバレルは2008年にフィリーズでワールドシリーズ(WS)制覇に貢献。レイズを経て、10年途中にジャイアンツに入り、2度目のWS優勝を経験した。昨季は右足のけがなどで92試合の出場にとどまった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年1月31日のニュース