能見11勝目も真弓監督退任に「何とかしたかった」

[ 2011年10月17日 06:00 ]

セ・リーグ 阪神2-0広島

(10月16日 甲子園)
 冷たい秋風が吹き、空席が目立った甲子園。試合前に阪神・真弓監督の退任が発表された日は広島に快勝。

 指揮官から今季開幕投手にも指名された能見は、8回無失点で8三振を奪って11勝目を挙げたが、「信頼して使ってもらった。何とかしたかった」と残念そうな表情を浮かべた。選手には辞任は伝えていないとみられ、試合後のナインは「聞いていない」と口をそろえた。ただ、ブラゼルだけは「CSにはいけなかったけど、今までやってきたことに誇りを持ちたい。真弓監督には感謝している」と話した。

 ▼阪神・平野(監督の辞任は)聞いていない。ファンは最後の一球まで応援してくれている。最後まで全力で頑張りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月17日のニュース