東海大2季ぶりリーグV 菅野は人生初胴上げに笑顔

[ 2011年10月17日 06:00 ]

<東海大・大東大>リーグ優勝を決め胴上げされる東海大・菅野

首都大学野球 東海大2―0大東大

(10月16日 平塚)
 東海大は大東大を2―0で下して2季ぶりのリーグ優勝が決定した。

 2年生左腕・渡辺圭が完封したため、菅野の登板機会はなかったが、試合後はナインの手で3度胴上げされて「今までの7回の優勝の中で一番うれしかった。人生で初めて胴上げしてもらって恥ずかしかった」と笑った。これで在学8季中7度の優勝。叔父の巨人・原監督の大学時代と並んだ。22日からの最終週、日体大戦は3季ぶりの全勝優勝が懸かるが「次の戦いに向けて準備します」と有終の美を飾るつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月17日のニュース