日本ハムオーナーの強い意向もあった 栗山氏招へいの背景

[ 2011年10月17日 06:36 ]

2月3日、名護キャンプで斎藤(右)を取材する栗山氏

 日本ハムの来季監督にスポーツキャスターの栗山英樹氏(50)が就任することが16日、確実となった。

 栗山氏監督招へいの背景にあるのが転換期を迎えているチーム事情だ。

 絶対的なエースのダルビッシュは今オフの大リーグ挑戦の可能性が高い。稲葉、金子誠も40歳前後。中田や陽岱鋼(ヨウダイカン)ら若手の成長に合わせたチーム再編を迫られている。

 栗山氏は球団OBではないが、早実時代から知る斎藤ら取材を通じて交流のある若手選手が日本ハムには多く、信頼も厚い。加えて大社オーナーとの意見交換を通じて球団の方針を理解していることもあり、同オーナーの強い意向もあったようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月17日のニュース