ベテラン斎藤は休養 第6戦ブ軍先発はマーカム

[ 2011年10月17日 06:00 ]

 2勝3敗と後がないブルワーズは、本拠地で自由参加の練習。前日に「体調を整える意味で休みは大きい」と話していた斎藤や、フィルダー、ブラウンら半分以上の選手が休養に充てた。

 先発は今ポストシーズンで防御率12・46のマーカム。エースのガヤードを中3日で起用すべきとの一部意見に対し、ロン・レネキー監督は「第7戦も勝たなければならない。ヨー(ガヤード)は中4日で使う方がいい」ときっぱり。任されたマーカムも「チームが自分のことを信用し、サポートしてくれている」と好投を誓った。

 ▼カージナルス、トニー・ラルーサ監督 目の前の試合のこと以外は一切考えず、ベストを尽くす。相手が本拠地で強い(今季30球団最高の本拠地勝率・704)のは分かっているが、われわれは敵地での戦いにも自信を持っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月17日のニュース