ラミレス4戦連発!CS前に頼れる主砲が大暴れ

[ 2011年10月17日 06:00 ]

セ・リーグ 巨人12-4中日

(10月16日 東京D)
 巨人・ラミレスが4試合連続アーチを放った。

 3回に4点を先制し、迎えた4回2死一、二塁。試合の行方を決定付ける23号3ランを左翼席に叩き込んだ。初球を迷うことなく振り抜き「ストライクに来た球を振ろうと思っていた。この(CS出場権を争う)状況の中で、4試合連続で打てたのは大きい」。4戦連発は09年8月以来2年ぶり。短期決戦を前に主砲が存在感を増している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月17日のニュース