ダル最多勝登板“辞退”「タイトルへのこだわりない」

[ 2011年10月17日 06:00 ]

<日・楽>18日の西武戦登板を自ら辞退したダルビッシュ(右)

パ・リーグ 日本ハム0-2楽天

(10月16日 札幌D)
 日本ハム・ダルビッシュ有投手(25)が、予定されていた18日の今季最終戦(対西武、西武ドーム)での登板を回避することになった。

 同戦で勝利投手となれば19勝で、楽天・田中と並び自身初の最多勝のタイトルを獲得する可能性があったが、16日の試合前練習中に梨田監督、福良ヘッドコーチ、吉井投手コーチとグラウンド上で4者会談が行われ、ダルビッシュは「タイトルへのこだわりも本当にないので…」と登板辞退を申し入れ。承諾された。

 すでにチームは2位が確定しCS進出を決めていることから、タイトル獲得だけが登板の目的となることを避けたとみられる。さらに若手投手に登板機会のチャンスを譲りたいとの意向もあったと思われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月17日のニュース