クルーズMVP獲得 PS新記録6本塁打13打点

[ 2011年10月17日 06:00 ]

<レンジャーズ・タイガース>7回、クルーズはポストシーズン6本目となる本塁打を放つ

ア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦 レンジャーズ15―5タイガース

(10月15日 アーリントン)
 レンジャーズのクルーズが文句なしのMVPに輝いた。打率・364で、6本塁打と13打点は1シリーズでのポストシーズン新記録。この日も7回に左越え2ラン。第2戦のサヨナラ満塁弾で勢いをつけた大砲は「自分でも驚いている」と興奮気味に話した。

 自慢の打線が3回に爆発し、打者14人で一挙9点。4年ぶりにシーズン200安打を達成したヤングは3安打5打点と躍動した。昨オフにエース左腕リーがフィリーズにFA移籍したが、野手のベルトレとナポリを補強し、打線をさらに強化。ア・リーグの連覇は98~01年に4連覇したヤンキース以来となった。

 試合後はシャンパンファイトの前に、アルコール依存症を克服したハミルトンのために、グラウンドでの「炭酸飲料かけ」で喜びを分かち合った。昨季はワールドシリーズでジャイアンツに敗れた。ヤングは「最高の気分は今夜だけ。みんなここで満足していない」。球団創設51年目での世界一しか見えていない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年10月17日のニュース