「やっぱり勝ちたい」新井、250号は空砲…

[ 2011年9月28日 23:02 ]

3回、通算250本塁打となる逆転3ランを放ち、花束を手に観客の声援に応える阪神・新井貴

セ・リーグ 阪神5―8ヤクルト

(9月28日 神宮)
 節目のアーチは勝利に結び付かなかった。阪神の新井貴が3回に3ランを放ち、通算250本塁打を達成。2点差をひっくり返す一発だったが、チームは逆転負けを喫した。

 無死一、二塁で迎えた第2打席。1ボールから甘く入った七条のスライダーを「自分のスイングができた」と完璧に捉えて左越えに14号とした。

 だが、チームは3連敗。新井貴は「やっぱり勝ちたい。次の本塁打がいい本塁打になるように準備する」と話し、喜びは一切見せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース