プロ野球記録更新!岩瀬13年連続50試合登板

[ 2011年9月28日 22:13 ]

セ・リーグ 中日1―1広島

(9月28日 マツダ)
 中日の岩瀬仁紀投手(36)が28日、広島19回戦(マツダスタジアム)の延長十回に登板し、13年連続の50試合登板を達成、自身のプロ野球記録を更新した。1―1で登板し、走者を許しながらも無失点で試合を終えた。

 岩瀬のシーズン50試合登板は入団1年目からの記録で、初登板は1999年4月2日の広島戦。今季は6月にプロ野球新記録の通算287セーブを達成し、9月には史上初の通算300セーブに到達。7年連続で30セーブ以上を記録している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース