川端“生涯初”満塁弾で虎粉砕!

[ 2011年9月28日 06:00 ]

<ヤ・神>6回2死満塁、川端が右翼に勝ち越し満塁弾を放ち、宮本と抱き合いながら雄叫びを上げる

セ・リーグ ヤクルト8-4阪神

(9月27日 神宮)
 心も体も震えた。打球の角度に反応したヤクルトナインがベンチを飛び出すと、川端は一塁を回って右腕を突き上げた。今季4号は生涯初の満塁弾。出迎えのハイタッチを交わし、最後尾の宮本と固く抱き合う。ベンチに座っても、まだ震えは止まらなかった。

 「ビックリした。あんなガッツポーズ、高校でもしていない。誰もが予想していない結果です。みんながすっごく喜んでくれてうれしかった」

 狙いが的中した。シーソーゲームの末、同点に追いついた直後の6回2死満塁。「向こうは押し出しは嫌だろうし、ストライクを取りにくる」。2球連続のボールを見送り、3球目の139キロ直球を待ってましたとフルスイング。初回の中越え同点二塁打と合わせて5打点を挙げ、連続試合安打を12に伸ばした。

 試合前に石川と久古が発熱で休養し、城石守備走塁コーチが腰痛のため長期休養することが決定。立ちこめた暗雲を振り払う一打でもあった。チームは連勝を飾り、条件がそろえば最短で30日にも優勝マジック12が初点灯。若手が台頭してきたヤクルトがいよいよ秒読みに入る。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース