マ軍監督 イチローを分析「以前はもう少し積極的だった」 

[ 2011年9月28日 10:53 ]

アスレチックス戦の1回、空振り三振に倒れるマリナーズのイチロー

 AP通信は27日、11年連続の200安打達成が絶望的となっているマリナーズのイチロー外野手についての分析記事を配信し、エリク・ウェッジ監督の「以前はもう少し積極的だったかもしれない」という言葉などを紹介した。

 ウェッジ監督は「これまで1年を通して見たことがないから完全に説明するのは難しい」と前置きしながら「以前はもう少し積極的だったかもしれない。それがいい結果につながっていたと思う」と述べている。

 記事はイチローの打撃フォームが独特で、基本的にイチロー本人がスランプ脱出の方法を見つけるしかないとし、ウェッジ監督の「イチローこそイチローにとって最良のコーチ。誰よりも自分のことを分かっている」という説明で結んでいる。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース