斎藤「力みすぎた」10戦ぶり失点で今季2敗目

[ 2011年9月28日 06:00 ]

ナ・リーグ ブルワーズ8―9パイレーツ

(9月26日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの斎藤が10試合ぶりに失点し、4月4日ブレーブス戦以来の2敗目を喫した。同点の7回に登板。連続三振で2死としたが、9番打者に四球を与え、直後にプレスリーに適時二塁打を許した。

 内角の際どいコースをボールと判定されてリズムを崩し「もう少し冷静にいかなければならなかった。力みすぎた」と反省。ただ、球威は十分で、プレーオフに向け「状態は本当にいい。抑え気味にいって、ここぞというときに力を出せるようにしないと」と高ぶる気持ちの制御を課題に挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース