平野 パ・リーグタイ45HP「チームの勝利が一番」

[ 2011年9月28日 06:00 ]

<オ・ロ>8回から登板し1回1安打無失点と好投する平野

パ・リーグ オリックス6-4ロッテ

(9月27日 ほっと神戸)
 オリックスの中継ぎエース平野が06年に日本ハム・武田久が樹立したパ・リーグ記録に並ぶシーズン45個目のホールドポイントを挙げた。

 2点リードの8回から登板。1死から井口に右前打を浴びたが、続く代打・角中、細谷を威力ある速球で空振り三振に仕留めた。抜群の安定感で1回無失点、3奪三振。「(記録は)名誉なこと。でもチームが勝ったことが一番。ここまで来たら、どんな状況でも投げるだけ」と闘志をみなぎらせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース