離脱者相次ぐヤクルト「たくさん必要なのにたくさんいなくなってしまった」

[ 2011年9月28日 16:59 ]

 ヤクルトの村中が28日、左肩の張りで出場選手登録を外れた。荒木チーフ兼投手コーチは「(登板を)1回飛ばすくらい」と軽症を強調した。27日の阪神戦は4回4失点と振るわず、今季は故障が続いて4勝5敗にとどまっている。

 石川と久古も発熱のための体調不良で27、28日の練習を休んだ。右肩の張りで戦列を離れている由規は、復帰のめどが立っていない。優勝を間近にしながら離脱者が続出し、小川監督は「たくさん(投手が)必要なのに、たくさんいなくなってしまった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月28日のニュース