貴景勝、大関対決完勝も笑顔なし 「実力がまだまだないから優勝できなかった」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

大相撲秋場所千秋楽 ( 2020年9月27日    両国国技館 )

朝乃山(手前)を押し倒しで破る貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 結びの一番で朝乃山との大関対決を制した貴景勝に笑顔はなかった。一つ前の取組で正代が敗れれば優勝決定戦のチャンスが生まれたが、土俵下に座る自身の目の前に転げ落ちてきたのは翔猿。18年九州場所以来となる2度目の賜杯には届かず「悔しいです。実力がまだまだないから優勝できなかった」と唇をかんだ。

(来場所3大関/) 膝を痛めて途中休場した先場所と違い、今場所は本来の馬力を生かした前に出る相撲内容が目立った。伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)が「最後まで優勝争いに絡んで相撲取ってくれたので良かった。しかも、前に攻めていた」と評価。貴景勝自身も「取り組んだことは間違えてないのかなと思う」と手応えを口にした。

 来場所は正代を含め大関が3人となる。新たなライバルを加えてさらなる高みを目指す闘いが始まる。「自分がやるべきことは変わらない。自分と向き合って頑張りたい」と静かに闘志を燃やした。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月28日のニュース