シオノギ製薬 驚異の粘りも連勝ならず…岡村監督「残り試合は全部勝つ」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

第53回日本女子ソフトボール1部リーグL第7節   シオノギ製薬 6-7 太陽誘電 ( 2020年9月27日    京都市・伏見桃山運動公園野球場 )

<シオノギ製薬・太陽誘電>一時6点差を追いつくも8回に太陽誘電・中溝の生還を許し、惜敗したシオノギ製薬(日本ソフトボール協会提供)
Photo By 提供写真

 第53回日本女子ソフトボール1部リーグ(日本ソフトボール協会・日本女子ソフトボール機構主催)は27日、京都市、愛知・刈谷、埼玉・朝霞の3会場で第7節の6試合を消化した。

 シオノギ製薬は驚異の粘りも実らず、連勝を逃した。2回までに6点を先行されながら、2回に1点を返し、4回に古藤の同点3ランなど、打者一巡攻撃で追いついた。しかし、2番手の藤田を攻略できず、タイブレーカーの8回に屈した。「一度は同点にしただけに悔しい負けですね」と岡村昌子監督。ただ、オフに男子投手を打ち込むなど、打撃強化に費やした努力は実を結びつつある。「残り試合は全部勝ちます」と指揮官は誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月28日のニュース