正代の恩師・安井監督も歓喜 東農大出身で初V「悲願を達成してくれた」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

大相撲秋場所千秋楽 ( 2020年9月27日    両国国技館 )

大相撲秋場所千秋楽で初優勝を決め、賜杯を手に笑顔を見せる正代(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 正代の母校、東農大の相撲部の安井和男監督は、新幹線の中で正代の優勝の瞬間を迎えた。学生の大会が大阪で行われたため、帰京する新幹線の車中でインターネットテレビで観戦。

 ひやりとする場面もあったが「落ち着いていた。回り込むのも彼の持ち味なので」と劣勢でも勝利を信じて見届けた。元大関・豊山をはじめ、これまでOBの優勝力士はいなかった。「初めての優勝だから。悲願を達成してくれた。よくやってくれたよね」と喜んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月28日のニュース