朝乃山、優勝争い脱落を猛省 「最初の3連敗と最後の連敗がよくなかった」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

大相撲秋場所千秋楽 ( 2020年9月27日    両国国技館 )

貴景勝(左)に押し倒される朝乃山(撮影・郡司 修)                               
Photo By スポニチ

 朝乃山は初の大関対決に敗れた。貴景勝に右を封じられると攻め手を欠き、防戦一方となり土俵際で押し倒された。10勝5敗で終え「最初の3連敗と最後の(2)連敗がよくなかった。優勝争いに残っても脱落するのは駄目」と猛省した。

 14日目に正代に敗れて優勝の可能性が消え、その相手が初賜杯。新たなライバル誕生に「先場所よりも圧力が増している。押し返される。負けたくない一人。頑張ります」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月28日のニュース