王輝 “皆勤”も新十両史上初の15連敗 来場所は幕下出直し

[ 2020年9月28日 05:30 ]

大相撲秋場所千秋楽 ( 2020年9月27日    両国国技館 )

千代丸に押し出しで敗れ、肩を落とす王輝(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 新十両の王輝は15連敗となった。十両で15日間皆勤しての全敗は00年名古屋場所の星誕期以来で、新十両の力士としては史上初。左腕を痛めた影響か最後まで力を発揮できず、千秋楽も千代丸にあっさり押し出された。

 連敗中に何を考えていたかを問われ「いつも通り」と振り返り、テーピングを施した左腕は「大丈夫じゃないですか」と答えた。幕下から出直すことが確実な来場所へ「いつも通り」と力なく答えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月28日のニュース