4大大会に錦織が帰ってきた!初戦から3時間超フルセット 右肘手術、コロナ乗り越え6年連続初戦突破

[ 2020年9月28日 05:30 ]

テニス全仏オープン第1日 ( 2020年9月27日    パリ・ローランギャロス )

フルセットの末、エバンズを破り初戦突破した錦織(AP)
Photo By AP

 約4カ月遅れで開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング35位の錦織圭(30=日清食品)が同34位で第32シードのダニエル・エバンズ(30=英国)に1―6、6―1、7―6、1―6、6―4で競り勝った。右肘手術や新型コロナウイルス感染を乗り越え、今月上旬のジェネラリ・オープンで約1年ぶりに公式戦に復帰。昨年の全米以来の出場となった4大大会では396日ぶりに白星を挙げ、6年連続で初戦を突破した。

 3時間49分の激闘の末に勝利を手にすると、錦織は右拳を握った。ベンチに戻ると目をつぶり大きく息を吐いた。気温10度。強風に加えて雨による約15分の中断もある中、4大大会では396日ぶりの白星。6年連続で初戦を突破し「アップダウンの激しいタフな試合だった。出だしが悪くて不安だったが、第2、3セット目から感覚が戻ってきた。最後は踏ん張れた」とホッとした表情を浮かべた。

 9年ぶりにノーシードで臨んだ赤土の大舞台。第1セットは3度のブレークを許す最悪のスタートだったが、第2セット第2ゲームから9ゲーム連取するなど徐々にペースを握った。凡ミスは相手の37回を上回る55回と全盛期の感覚は戻っていないが、最終セットは4度のブレークポイントを握られながら1度しかブレークを許さず、逆に3度のブレークポイントで2度ブレークに成功するなど勝負強さを発揮。第5セットに突入した試合は24勝6敗となった。

 今月上旬のジェネラリ・オープンで約1年ぶりに公式戦に出場。全仏までに3大会に出場し、戦績は1勝3敗だった。今季からダブルス元世界ランキング1位のミルヌイ氏(ベラルーシ)を新コーチに招き、ネットプレーを強化。相手の倍近い66回のネットプレーを試みるなど新たなスタイルも垣間見えた。

 2回戦では世界73位のステファノ・トラバグリア(28=イタリア)と対戦する。「リカバリーしてしっかり休みたい。寒くてボールが飛ばない。大変なコンディションの大会になる」と、勝ち進めば2週間の長丁場となる大会を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月28日のニュース