若隆景、自己最多11勝 三賞候補にもあがり「凄く自信になった」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

大相撲秋場所千秋楽 ( 2020年9月27日    両国国技館 )

志摩ノ海を寄り切りで破った若隆景(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 若隆景が自己最高位で、自己最多11勝を挙げた。立ち合いは頭から当たって志摩ノ海を突き放し、右を差しで頭をつけて一気の出足。土俵際でもつれたが相手の足が先に出た。

 「11番勝てたのは凄く自信になりました。下からの攻めが良かったんじゃないかと思う」。優勝争いを盛り上げて三賞候補にも挙がった。上位と当たる来場所へ「一から体をつくって臨みたい。楽しみな気持ちはあります」と意欲を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年9月28日のニュース