聖火リレー、3・25福島・Jヴィレッジ出発、走行ルートは維持 日程発表

[ 2020年9月28日 14:20 ]

聖火リレーで使用されるトーチ
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となった聖火リレーの日程を発表した。五輪の聖火リレーは競技日程と同じく、今年予定されていたスケジュールをそのまま1年スライド。来年3月25日に福島・Jヴィレッジをスタートし、全47都道府県を通るルートで、同7月23日に開会式が開かれる東京・新国立競技場に聖火が到着する。聖火リレーを実施する市町村は原則的に変更せず、走行ルートも維持する。

 また、パラリンピックは8月12日から16日まで、43都道府県で聖火フェスティバル(出立式)を実施。同17日からは競技を開催する4都県で聖火フェスティバルを行い、同20日に東京で集火式を行ったあと、同24日の開会式に聖火が登場する。

 大会延期による追加経費を削減するため、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)は52項目の大会簡素化について合意。聖火リレーに関しては伴走車両を減らした隊列のスリム化、スタッフの削減、セレブレーションの簡素化を目指すが、121日間の日数、約1万人の聖火ランナーは現行案を維持することで一致していた。

 各県で五輪の聖火リレーが実施される日程は以下のとおり。

 【1】福島県 3月25日~27日
 【2】栃木県 3月28日~29日
 【3】群馬県 3月30日~31日
 【4】長野県 4月1日~2日
 【5】岐阜県 4月3日~4日
 【6】愛知県 4月5日~6日
 【7】三重県 4月7日~8日
 【8】和歌山県 4月9日~10日
 【9】奈良県 4月11日~12日
 【10】大阪府 4月13日~14日
 【11】徳島県 4月15日~16日
 【12】香川県 4月17日~18日
 【13】高知県 4月19日~20日
 【14】愛媛県 4月21日~22日
 【15】大分県 4月23日~24日
 【16】宮崎県 4月25日~26日
 【17】鹿児島県 4月27日~28日
 【18】沖縄県 5月1日~2日
 【19】熊本県 5月5日~6日
 【20】長崎県 5月7日~8日
 【21】佐賀県 5月9日~10日
 【22】福岡県 5月11日~12日
 【23】山口県 5月13日~14日
 【24】島根県 5月15日~16日
 【25】広島県 5月17日~18日
 【26】岡山県 5月19日~20日
 【27】鳥取県 5月21日~22日
 【28】兵庫県 5月23日~24日
 【29】京都府 5月25日~26日
 【30】滋賀県 5月27日~28日
 【31】福井県 5月29日~30日
 【32】石川県 5月31日~6月1日
 【33】富山県 6月2日~3日
 【34】新潟県 6月4日~5日
 【35】山形県 6月6日~7日
 【36】秋田県 6月8日~9日
 【37】青森県 6月10日~11日
 【38】北海道 6月13日~14日
 【39】岩手県 6月16日~18日
 【40】宮城県 6月19日~21日
 【41】静岡県 6月23日~25日
 【42】山梨県 6月26日~27日
 【43】神奈川県 6月28日~30日
 【44】千葉県 7月1日~3日
 【45】茨城県 7月4日~5日
 【46】埼玉県 7月6日~8日
 【47】東京都 7月9日~23日

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年9月28日のニュース