三賞受賞2人は18年九州場所以来 優勝の正代が殊勲賞&敢闘賞 翔猿が初の敢闘賞

[ 2020年9月28日 05:30 ]

大相撲秋場所千秋楽 ( 2020年9月27日    両国国技館 )

殊勲賞と敢闘賞を受賞した正代(左)と敢闘賞を受賞した翔猿(代表撮影) 
Photo By 代表撮影

 三賞選考委員会が開かれ、13勝2敗で初優勝した正代が初の殊勲賞と、2場所連続6度目の敢闘賞を獲得した。106年ぶりの新入幕優勝はならなかったが、11勝4敗で大活躍の翔猿は初の敢闘賞。

 三賞受賞が2人にとどまったのは2018年九州場所の貴景勝、阿武咲以来となった。平幕で活躍した若隆景、阿武咲は敢闘賞、隆の勝は技能賞の候補にそれぞれ挙がったが落選した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年9月28日のニュース