聖火は岩手から宮城へ 「復興の火」リレー “なでしこ”20人もつなぐ

[ 2020年3月23日 05:30 ]

岩手県宮古市の三鉄宮古駅前で「復興の火」式典が行われ、大勢の人が集まった
Photo By 共同

 20日に宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着した聖火は、21日まで石巻市、仙台市で一般公開され、この日から岩手県入り。23日に大船渡市で展示された後、24日からは聖火リレーがスタートする福島県に入る。26日には11年サッカー女子W杯ドイツ大会優勝の「なでしこジャパン」の当時のメンバーら20人が、出発地のJヴィレッジで第1走者を務めることになっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース