鶴竜 V逸も来場所へ収穫「充実感と悔しさの両方あります」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

大相撲春場所 千秋楽 ( 2020年3月22日    エディオンアリーナ大阪 )

取材を受ける準優勝の鶴竜(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 鶴竜は白鵬に敗れ7度目の賜杯を逃した。巻き替えの応酬になったものの、最後は腰が浮いた隙を突かれ寄り切られた。「勝機はあったが、そう甘くはないですね。今は充実感と悔しさの両方あります」。休場明けの今場所は前半で2敗したものの、尻上がりに調子を上げた。来場所に向け「相星決戦になったのは良かった。この悔しい気持ちが大事」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース