オーストラリア五輪委が「21年東京五輪」を想定 代表選手に1年後の準備を!と呼びかける

[ 2020年3月23日 12:51 ]

メルボルンで無観客で行われたオーストラリア(オージー)フットボールの試合(AP)
Photo By AP

 オーストラリア五輪委員会(AOC)は23日、東京五輪の代表選手に対して「1年後の大会に向けて準備するように」という通達を出した。

 AP通信によれば同五輪のイアン・チェスターマン・チームリーダーは「7月に開催できないのは明らか。我が国の選手たちはこのような状況の中でポジティブな姿勢で懸命に頑張ってきたが、ストレスと先の見えない不安感がのしかかっている」と新型コロナウイルスが世界的に感染を広めていく中での“通常開催”に対して不満の意を表明。1年延期を想定して各選手に新たな準備に取り掛かるように指示を出した。

 オーストラリアは2016年のリオデジャネイロ五輪には422人の選手を派遣し、29個のメダル(金は8個)を獲得。東京五輪でも個人および団体競技で多くのメダル候補を抱えている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース