【敢闘賞】隆の勝 入幕3場所目で初三賞「そんなに勝てるとは…」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

大相撲春場所 千秋楽 ( 2020年3月22日    エディオンアリーナ大阪 )

三賞を受賞した(左から)殊勲賞の阿武咲、技能賞の碧山、敢闘賞の隆の勝(代表撮影)
Photo By 代表撮影=共同

 三賞選考委員会が開かれ、12勝を挙げた隆の勝が初の三賞となる敢闘賞を受賞した。殊勲賞は白鵬に土をつけた阿武咲が初めて獲得。終盤戦まで優勝争いに加わった碧山は初の技能賞に輝いた。阿武咲、碧山の三賞はともに4度目となった。

 入幕3場所目で初三賞に隆の勝は「うれしい。そんなに勝てるとは思わなかった」と素直に喜びを表した。正代戦は受賞にふさわしく攻めに徹し、土俵下まで押し倒して12勝。好調の要因を「場所前に大関(同部屋の貴景勝)と何日か稽古して自信が持てた」と分析。横綱、大関と対戦がある番付となる来場所へ「精神力を強く持って勝ち越せるように」と言い切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース