珍しい!いつもは放送されない 表彰式短縮で「出世力士手打式」「神送りの儀式」生中継

[ 2020年3月23日 05:30 ]

大相撲春場所 千秋楽 ( 2020年3月22日    エディオンアリーナ大阪 )

神送りの儀式で胴上げをする新序出世力士(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 表彰式が短縮された影響で、通常は午後6時以降に行われ、放送されない2つの儀式が生中継された。

 最初に行われた「出世力士手打式」は今場所前相撲で相撲を取り、来場所は新序ノ口で番付が載る力士による手締め式。その後、行った「神送りの儀式」は場所前の土俵祭りで迎えた相撲の神様を送り戻すもの。御幣(ごへい)を持った行司を出世力士が天高く胴上げし、全行事が終了した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース