カール・ルイス氏 「2年延期」を提案 22年を「祝祭の五輪イヤーに」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

IOC「延期」だけ決定か

カール・ルイス氏
Photo By スポニチ

 五輪陸上男子で通算9個の金メダルを獲得したカール・ルイス氏(米国)が新型コロナウイルス感染拡大で、東京五輪の延期を支持した。米FOX系列のテレビ局が21日に伝えた。

 「全く先の見えない状況がある中で選手が準備するのは本当に難しい」と元選手の目線で主張。延期時期については22年北京冬季五輪と重なる2年延期が1年よりも適しているとし、「冬季五輪のある年に移せば、祝祭の五輪イヤーになる」との見解を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース