【殊勲賞】阿武咲、白鵬連勝止めた殊勲「物凄く大きな一歩」

[ 2020年3月23日 05:30 ]

大相撲春場所 千秋楽 ( 2020年3月22日    エディオンアリーナ大阪 )

三賞を受賞した(左から)殊勲賞の阿武咲、技能賞の碧山、敢闘賞の隆の勝(代表撮影)
Photo By 代表撮影=共同

 三賞選考委員会が開かれ、12勝を挙げた隆の勝が初の三賞となる敢闘賞を受賞した。殊勲賞は白鵬に土をつけた阿武咲が初めて獲得。終盤戦まで優勝争いに加わった碧山は初の技能賞に輝いた。阿武咲、碧山の三賞はともに4度目となった。

 優勝した白鵬の連勝を10日目で止めた殊勲が認められての受賞に、阿武咲は「自分の中で物凄く大きな一歩」と自身初の金星に手応えをにじませた。ただ、最長の連勝は2。9勝での受賞とあって「頂けると思ってなかった。ケガなくやれたことが一番。ヘトヘト。出し切りました」と達成感も漂わせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月23日のニュース